新型コロナ4回目のワクチン接種 岡山市で接種券発送始まる

25日から60歳以上の人などを対象にした、新型コロナウイルスワクチンの4回目の接種が始まり、岡山市では接種券の発送が始まりました。

岡山市北区にある岡山中央郵便局には、午前11時ごろ、市の担当者が車で接種券を運び込み、発送の手続きをしていました。
25日に発送されたのは、60歳以上で去年12月25日までに3回目の接種を終えた1200人分だということです。
4回目接種は、重症化の予防を主な目的としているため、対象は60歳以上の人のほか、18歳以上の基礎疾患のある人か、医師が重症化リスクが高いと判断した人に限定されています。
ただ、それぞれの市民に基礎疾患があるかどうか自治体では把握できていないため、岡山市では3回目接種から5か月以上経過した18歳以上の市民全員に接種券を郵送することにしています。
このため、対象でない人にも接種券が届くことになり、岡山市は対象でない人は接種券を保管しておいてほしいと呼びかけています。
岡山市保健管理課の大下奈美枝担当課長は「今後の感染状況に応じて、接種の対象が拡大される可能性もあり、いまは対象でない人も、接種券は大切に保管しておいてください」と話していました。