中国市長会が路線存続議論 真庭市長“簡単に廃止の選択ない”

JRの地方路線をめぐって10日、中国地方5県の市長でつくる中国市長会で議論されました。
このなかで真庭市の太田市長は「簡単に廃止するという選択をすべきではない」と述べ、存続に向けた提言をまとめるよう提案しました。

岩国市で開かれた中国市長会。
利用者が少なくなっているJRの地方路線の維持に向けて、意見を交換しました。
このなかで真庭市の太田市長は「簡単に廃止するという選択をすべきではない」と述べ、存続に向けた提言をまとめるため、市長会で専門家を交えた検討会を設置することを提案しました。
一方広島市の松井市長は、地方路線の維持に役立つ事例として、自治体が車両の維持・管理などを受け持つ上下分離方式をあげ、広島市では路線バスで導入を検討していることを明らかにしました。
このあと会では国に対して、JRの経営の安定化に向けて支援の充実を図ることや、鉄道路線の利用を促進する取り組みへの支援などを求めていく方針を確認しました。