息子を殺人未遂容疑で逮捕

6日、倉敷市の住宅で75歳の男性が死亡しているのが見つかり、警察は同居する45歳の息子が父親を殺そうとして首を絞めたことを認めたため殺人未遂の疑いで逮捕し、詳しい経緯を調べています。

6日、倉敷市茶屋町早沖の無職、瀬野強容疑者(45)の家を訪ねた親族から瀬野容疑者の父親の義夫さん(75)が死亡していると警察に通報がありました。
警察が駆けつけ、家にいた瀬野容疑者に警察署に同行を求めて事情を聴いたところ、瀬野容疑者は「首を絞めたことは間違いない」と供述し、義夫さんを殺そうとして首を絞めたことを認めたということです。
このため警察は6日午後7時半すぎ、瀬野容疑者を殺人未遂の疑いで逮捕しました。
警察によりますと、瀬野容疑者は義夫さんと2人暮らしで警察は詳しい経緯を調べています。