SNS型ロマンス詐欺 別府と大分の男性 計900万円被害

SNSを通して知り合った女性を名乗る人物からうその投資話などを持ちかけられ、別府市と大分市の男性が合わせておよそ900万円をだまし取られました。
警察はSNS型ロマンス詐欺とみて捜査しています。

このうち、別府市の70代の男性はことし2月下旬ごろ、SNSを通じて日本人女性を名乗る人物と知り合い、「海外の紛争地域にいるので口座にアクセスできない。代わりに海外口座を作って送金してほしい。お金は国連が準備する」などと言われ、紹介された架空の金融機関の取り引きサイトに登録しました。

その後、出金しようとしたところ、サイトの画面に「あなたの口座はマネーロンダリングに使用されている」などと表示されたことから、男性は別に指定された口座に現金685万円を振り込み、だまし取られました。

また、大分市の40代の男性は先月上旬、SNSを通じて外国籍の女性を名乗る人物と知り合い、「投資に興味ある?」などと呼びかけられました。

男性は紹介された暗号資産の取り引きサイトに登録し送金しましたが、サイトのカスタマーセンターを名乗る人物から「マネーロンダリングの疑いがあると判定され審査されている。自己証明金を納付する必要がある」などと言われたため、送金を続け、210万円をだましとられました。

警察はいずれもSNS型ロマンス詐欺とみて捜査を進めています。