製鉄所の設備から人骨のようなもの見つかる 男性従業員不明

14日昼前、大分市の製鉄所内にある溶かした鉄が入った設備から人の骨のようなものが見つかりました。
製鉄所では勤務中の男性従業員の行方が分からなくなっていて、警察が関連を調べています。

14日朝7時すぎ、大分市にある「日本製鉄九州製鉄所大分地区」の従業員から「会社に来ていた男性従業員の姿が見えなくなった」と警察に通報がありました。

警察官などが工場内を捜索したところ、およそ4時間後の14日昼前、溶かした鉄が入った直径5メートル、深さ4メートルの「溶鋼鍋」と呼ばれる設備から人の骨のようなものが見つかったということです。

警察によりますと、行方が分からなくなっているのは30歳の男性従業員で、13日午後7時からのシフトに入って勤務にあたり、鋼を溶かして鉄をつくる作業を担当していたということです。

また、人の骨のようなものが見つかった溶鋼鍋は、男性が作業していた場所からおよそ5メートルほど下にあり、会社によりますと鍋の中の鉄の温度は1000度以上あったということです。

警察は見つかったのは行方不明になっている男性の可能性もあるとみて関連を調べています。

日本製鉄九州製鉄所大分地区によりますと「引き続き、関係当局の調査に全面的に協力してまいります」とコメントしています。

【日本製鉄九州製鉄所大分地区とは】
大分市西ノ洲にある「日本製鉄九州製鉄所大分地区」は、▽コンテナや車のホイールなどに使われる「熱延鋼板」や▽造船などに使われる「厚鋼板」の供給拠点としての役割を担っているということです。

敷地はおよそ700万平方メートルで、現在、およそ2000人の従業員が勤務しているということです。