県庁でエレベーターを駆使して荷物を運ぶロボットの実証実験

人手不足が課題となるなか、ロボットが人の手を借りずにエレベーターを駆使して荷物を運ぶという実証実験が大分県庁で行われました。

大分県庁にお目見えしたのは、大分市のメーカーが開発した自動搬送ロボット、「WILL」です。

ロボットの内部には、縦60センチ、横26.5センチ、奥行き37センチのスペースがあり、最大25キロの重さの荷物を運ぶことができます。

そして、あらかじめ登録された目的地をタッチパネルで選択すると、自動で走行を始めます。

このロボットの最大の特徴は、建物のエレベーターのシステムにアクセスして、自力でエレベーターを呼ぶことができる点です。

そのため、別の階に行くときも、人の手を借りずに荷物を運ぶことができます。

また、障害物をセンサーで感知し、通行している人をよけながら進むことができます。

さらに、顔認証システムが導入され、事前に登録した人でなければ、荷物が取り出せない仕組みになっています。

県によりますと、都道府県の庁舎で自動搬送ロボットの実証実験が行われるのは、全国で初めてだということで、今後、人手不足に悩む県内の企業に導入を促していきたいとしています。

大分県新産業振興室の成迫研太室長補佐は「十分実用化できることがわかった。遠隔操作もできるので、障害者や高齢者にとっても便利なものになると思う」と話していました。