J2大分トリニータ 今シーズン初勝利目指し全体練習

サッカーJ2の大分トリニータは、今シーズンの初勝利を目指し、次の土曜日にホームで横浜FCと対戦します。
前の試合で貴重な同点ゴールを決めたフォワードの長沢駿選手は「次の試合でも得点を決めて、皆さんと喜び合いたい」と意気込んでいます。

28日、大勢のファンやサポーターが見守るなか、午前10時から練習が始まりました。

選手たちは、狭いスペースで相手のプレッシャーをかわしボールをつなぐ練習や、サイドからの攻撃とそれに対応する守備の練習などを行い、戦術の確認を進めていました。

このうち、25日に行われた開幕戦で終盤に貴重な同点ゴールを決め、引き分けに持ち込んだフォワードの長沢駿選手は、28日の練習でも果敢にゴールへ向かう姿を見せていました。

長沢選手は昨シーズンでいったん契約が終了しましたが、その後、再契約を結び開幕戦に臨みました。

これについて、長沢選手は「1回、サッカーから離れた状況で、もう一度トリニータでプレーできることは幸せなことだと改めて感じた。次の試合でも得点を決めて、皆さんと喜び合えるように頑張っていきたい」と意気込んでいました。

長沢選手について、片野坂知宏監督は「192センチという高さとゴール前での決定力に今後も期待している」と話していました。

トリニータが今シーズン初勝利を狙う横浜FCとの一戦は、来月2日、土曜日、レゾナックドーム大分で午後2時キックオフです。