大きく育った“ばんぺいゆ”園児たちが収穫を体験 大分市

世界最大級のかんきつ類と呼ばれている「ばんぺいゆ」。
今、旬を迎え、大分市の園児たちが収穫を体験しました。

大分市の「のだ山幼稚園」では、子どもたちに食べ物に感謝する気持ちを育んでもらおうと、園で育てている果物の収穫体験を定期的に行っています。

18日は、年長の園児およそ80人が園の近くにある果樹園で、旬を迎えたかんきつ類のばんぺいゆやパール柑を収穫しました。

園児たちは、まるまると実ったパール柑や自分たちの顔よりも大きいばんぺいゆを次々ともぎ取っては、箱に入れていきました。

そして、収穫したばかりのばんぺいゆなどをその場で味わい、甘酸っぱい冬の味覚を楽しんでいました。

園によりますと、18日に収穫したものは給食のデザートなどで提供されるということです。

参加した女の子は「ばんぺいゆは腕が疲れるぐらい重かったです。取ったときにすっぱそうな匂いがしました」と話していました。

また、男の子は「おいしいです。ばんぺいゆを回して取るのが楽しかったです」と話していました。