ホーバークラフト 操縦訓練で発着場ガードレールに接触

ホーバークラフト 操縦訓練で発着場ガードレールに接触

大分空港と大分市を結ぶホーバークラフトの就航に向けて8日から始まった操縦訓練で、船体が発着場のガードレールに接触する事故がありました。
大分県によりますとけが人はいないということで、事故の詳しい状況を調べています。

大分県によりますと、8日午前8時前、大分県国東市の大分空港に隣接する発着場で「ホーバークラフトがガードレールに接触したようだ」とホーバークラフトの運航会社から連絡があったということです。

NHKが上空から撮影した映像では、ホーバークラフトが大分空港に隣接する発着場に止まっていて、近くにあるガードレールのような柵が折れ曲がっているのがわかります。

ホーバークラフトの後部にあるプロペラを覆う部分に傷のようなものがあるほか、部品の一部が外れて破損しているように見えます。

県によりますと、いまのところけが人の情報は入っていないということです。

ホーバークラフトは大分空港と大分市とのアクセスを改善するため県が導入し、今年度中の就航に向けて8日朝から運航会社による操縦訓練が始まったばかりでした。

運航会社は午後に記者会見を開き、事故の詳しい状況などを説明するとしています。

県の担当者は、「訓練が始まったやさきの事故でショックを受けている。船体はイギリスで製造されたので、国内で修理できるかわからないが、今後の対応を運航会社と協議していきたい」と話しています。