温泉人気投票 別府温泉が7年連続で「西の横綱」に

全国の温泉の人気投票で、大分県の別府温泉が7年連続で西日本1位に選ばれました。

IT企業の「ビッグローブ」は、「みんなで選ぶ温泉大賞」と題してインターネット上で全国の温泉の人気投票を毎年行っています。

人気投票では、訪れた中で最も良かった温泉地、温泉宿、それに満足度などについて集計し、東西の番付形式でこのほど発表されました。

このうち温泉地部門では、大分県の別府温泉が7年連続で西日本1位「西の横綱」に選ばれました。

別府温泉に投票した人からは「街のいたる所で湯煙が立ちこめている景色は情緒があった」とか「海と山が近いロケーションがすばらしかった」といった意見が寄せられたということです。

これについて、別府市は「7年連続で西の横綱に選ばれ大変うれしく思います。それぞれ泉質が異なり趣のある8つの温泉地があるので、末永く多くの人に楽しんでもらいたいです」とコメントしています。

このほか温泉地部門の西日本では、由布市の由布院温泉が6位、奥湯布院温泉が18位、竹田市の長湯温泉が24位、由布市の湯平温泉が28位と、大分県内の温泉地が30位以内に5つランクインし、府県別で最多となりました。