県警察学校で卒業式 半年間の研修終え29人が警察署へ配属

ことし春に採用され、およそ半年間の研修を終えた新人警察官の卒業式が29日、大分市の警察学校で行われました。

大分市にある県警察学校で行われた卒業式には、ことし4月に採用され、法律や逮捕術などを学んできた新人警察官29人が出席しました。

式では、卒業生一人ひとりの名前が読み上げられ、代表者が学校長から卒業証書を受け取りました。

このあと、県警察本部の松田哲也本部長が「県民のために全力を尽くし、安心と安全を守るとともに、初心を忘れず、住民から信頼される警察官になって下さい」と訓示しました。

そして、卒業生代表の阿部超昌巡査が、「県民の信頼が得られるような警察官を目指し、職務に取り組みたい」と決意を述べました。

新人警察官たちは、29日付けで県内10か所の警察署に配属されるということで、警察官としての新たな一歩を踏み出します。

別府警察署に配属される川野佑太朗巡査は、「警察学校で学んだことを生かして職務を通じて、県民に愛される警察官になりたい」と話していました。