新型コロナ 全数把握の見直し 大分県 情報提供内容が簡略化

新型コロナウイルス感染者の全数把握の見直しが26日から全国で始まり、大分県でも詳しい報告の対象が重症化リスクの高い人に限定されます。
これに伴って、これまで発表していた感染者の情報提供の内容が27日から見直されます。

新型コロナ感染者の全数把握は26日から全国一律で見直され、大分県でも医療機関に求める詳しい報告の対象が65歳以上の人や、65歳未満で入院が必要と判断された人など重症化リスクの高い人に限定されます。

これに伴い県がこれまで情報を提供してきた新規感染者の市町村ごとの数や症状の区分は届け出の対象者を除いて、27日以降は公表されなくなるほか、性別や職業、それに感染経路も公表されなくなります。

また、療養状況について、入院している人の数はこれまで通り公表されるものの、宿泊施設や自宅で療養している人の数、それに退院した人の数などは対象から外れます。

このほか、一日の新規感染者数については、年齢がこれまでよりもより細かく発表されるほか、病床使用率や療養中に亡くなった人の数、それにクラスターの発生件数などはこれまでどおり発表されます。