水素の活用へインフラの整備課題 水素ステーション1か所のみ

水素は二酸化炭素を出さないエネルギーとして、燃料電池車などで活用できますが、インフラの整備が課題です。

水素ステーションと呼ばれる燃料電池車に水素を充填する施設は、都市圏を中心に整備が進められていて、県内では大分市内の1か所にとどまっています。

さらに、その1か所では、県外の製造工場から水素を仕入れているため、輸送コストが上乗せされ、値段が高くなっています。

県内唯一の水素ステーションを運営する「大分EBL水素ステーション」の高木伸好社長は「県内に水素を製造する拠点が多くできればコストダウンできるし、普及も進むと思う」と話しています。