台風4号 5日には大分県に最接近の見込み 土砂災害に警戒を

東シナ海を北上する台風4号は5日には大分県に最も近づく見込みです。
県内では4日から5日にかけて局地的に激しい雨が降って大雨になるおそれがあり、気象台は土砂災害や低い土地の浸水などに警戒や注意を呼びかけています。

気象庁によりますと台風4号は3日午後3時には鹿児島県の沖永良部島の西北西、およそ190キロの海上をゆっくりと北北西へ進んでいます。

大分地方気象台によりますと台風は、5日には九州に上陸するおそれがあり、5日午後に大分県に最も近づく見込みです。

このため県内では4日から5日にかけて局地的に激しい雨が降って大雨になるおそれがあります。

4日にかけて1時間に降る雨の量はいずれも多い所で中部と南部で40ミリ、北部と西部で30ミリと予想されています。

また、4日夕方までの24時間に多い所では南部で150ミリ、中部で120ミリ、西部で100ミリ、北部で80ミリの雨が降る見込みです。

風も強まり、4日の最大風速は海上、陸上ともに15メートルから19メートル、最大瞬間風速は陸上で25メートルから30メートル、海上で20メートルから30メートルと予想されています。

気象台は土砂災害や低い土地の浸水、それに河川の増水などに警戒や注意を呼びかけています。