知的障害のある高校生が職場実習 大分駅のカフェで

この春、大分市に開校し、知的障害のある高校生の職業教育に重点を置いている特別支援学校の生徒が、職場実習として大分駅の駅ビルのカフェで働き始めました。

職場実習を始めたのは大分市の「県立さくらの杜高等支援学校」で、21日、1年生のうち4人が大分駅の駅ビルの屋上にあるカフェを訪れました。

生徒たちは最初、「いらっしゃいませ」といった接客の用語を教わり、元気よく声に出して客を迎える練習をしました。

このあと、注文を受けて飲み物を作ったり、会計のレジ打ちをしたりするなど実際の接客を体験しました。

さくらの杜高等支援学校は、ことし4月、知的障害のある高校生の職業教育に重点を置く形で開校した特別支援学校で、清掃や販売、それに調理を学ぶ3つのコースが設けられています。

地元企業などの協力を得て3年間で570時間の職場実習を行う計画です。

県内の特別支援学校に通う高校生の一般企業への就職率は去年3月時点でおよそ26.2%と、全国平均を8ポイントほど下回っています。

女子生徒の1人は「将来やりたい接客の仕事を楽しく体験できた」と話していました。

引率した長野康彦教諭は「就職率100%を目指し、ほかの学校より実習を大幅に増やしていきたい」と話していました。