新潟 五泉市 特産のレンコン「五泉美人」の収穫作業進む

五泉市でブランド化されている特産のレンコン、「五泉美人」が旬を迎え、収穫作業が進められています。

五泉市では阿賀野川と支流の早出川の水を利用してレンコンの栽培が盛んに行われています。
一部のレンコンは、表面の白さから「五泉美人」と名付られブランド化されていて、みずみずしい味わいが特徴で、この時期、旬を迎えます。
五泉市の木越地区にある生産者の伊藤弥さんのおよそ20アールの栽培地でも収穫が本格化しています。
伊藤さんは、栽培地の水の中に入り機械を使って泥をかきわけて深さ30センチから50センチほどの地中からレンコンを掘り出していました。
収穫されたレンコンはこの夏、高温だった影響で身がぎっしり詰まっていて出来はよく、出荷されたあと、16日から販売される予定だということです。
伊藤さんは「順調に育ちうれしいです。レンコンはビタミンが豊富なのでいろいろな料理に使ってもらい楽しんでほしいです」と話していました。
JA新潟かがやきによりますと、「五泉美人」の出荷は来年5月ごろまで続くということです。