新型コロナ感染拡大で県立松代高校が休校に 新潟 十日町

新型コロナウイルスの感染が校内で広がっているとして、十日町市にある県立高校が12日から休校になることになりました。
県内では先月下旬から19歳以下の新型コロナの感染者数が増えていて、県は発熱やせきなどの症状がある場合は学校を休むよう呼びかけています。

県教育委員会によりますと、12日から休校になるのは十日町市にある松代高校です。
この高校は全校生徒がおよそ110人ですが、新型コロナの感染が広がり、感染者数の割合が各学級で1割以上という目安を超えたためこれ以上の感染拡大を防ぐため、休校を決めたということです。
また、十日町市や津南町では、新型コロナの感染者数が今月3日までの1週間で1医療機関あたり32人と、県全体より、9人余り多くなっています。
県教育委員会は、休校期間を3日程度と見込んでいますが、正式な再開時期は感染状況を見て判断するということです。
また県によりますと、新型コロナの感染症法上の位置づけが5類に移行してから、県立学校の休校は初めてだということです。
県内では先月下旬から19歳以下の新型コロナの感染者数が増えていて、発熱やせきなどの症状がある場合は学校を休むよう呼びかけています。