JR越後線の新駅 新潟市に設置へ 国が認可

JR越後線の新潟駅と白山駅の間に新しい駅を設ける計画が国に認められ、JR東日本と新潟市は、2年後の2025年3月の開業を目指すことにしています。

JR東日本と新潟市は越後線の新潟駅と白山駅間の、新潟市中央区下所島に新たな駅を設置する計画で、19日国が認めました。
計画によりますと、新しい駅は新潟駅から西におよそ1.5キロの場所に設けられるということで、JR東日本と新潟市は今年度中に建設工事を始め、2025年3月の開業を目指すことにしています。
駅の名前は「上所」、「所島」、「南高校前」の3つの案を参考にJR東日本が決定する予定で、JR東日本は「検討を続けている」とコメントしています。
JR東日本が県内の在来線で新たな駅を設置するのは2005年の「内野西が丘駅」以来となります。