“ラッセル車と満開の桜” 能生駅で撮影会 糸魚川

冬に線路の雪を取り除くラッセル車を、満開になった桜とともに撮影するイベントが、糸魚川市の能生駅で開かれました。

このイベントは、「えちごトキめき鉄道」が上越市のテーマパークで展示するため譲り受けたラッセル車を、富山県の第三セクター「あいの風とやま鉄道」から回送するのにあわせて開きました。
撮影会は回送の途中に停車した糸魚川市の能生駅で行われ、鉄道ファンや家族連れなどおよそ200人が集まりました。
駅には満開となった桜があり、訪れた人たちは線路の雪を取り除くため冬に活躍するラッセル車と春の桜が一緒に見られる珍しいシーンを写真におさめていました。
岐阜県から来たという鉄道ファンは「珍しい光景を撮りたくて夜勤明けで来ました。われながらうまく撮ることができました」と話していました。
「えちごトキめき鉄道」の鳥塚亮社長は「すばらしい景色を情報発信していただき、さらに人が来てくれるような場所になってほしい」と話していました。
ラッセル車は今月8日から上越市にあるテーマパーク「直江津D51レールパーク」で展示される予定です。