立民県連 幹事長に米山隆一衆議院議員が就任 国会議員で初

立憲民主党県連の幹事長に米山隆一・衆議院議員が国会議員として初めて就任しました。
米山氏は来年春に行われる統一地方選挙で党勢の拡大を図りたいとして、候補者の擁立に向けた人材の発掘などに取り組む考えを示しました。

立憲民主党県連は29日、新潟市内のホテルで定期大会を開き、新しい代表に衆議院・新潟1区選出の西村智奈美氏を、幹事長に衆議院・新潟5区選出の米山隆一氏をそれぞれ選出しました。
西村代表は記者団に対し、「この1年を振り返ると大型の選挙でふがいない結果が続いた。この流れを変えるためにも統一地方選挙が重要で、米山幹事長とともに戦っていきたい」と述べました。
米山幹事長は「最大の職責は統一地方選挙に向け、立候補を表明している公認候補者などのバックアップだ。新しい候補者も発掘したい」と述べ、来年春に行われる統一地方選挙で党勢の拡大を図りたいとして、候補者の擁立に向けた人材の発掘などに取り組む考えを示しました。
また、米山氏は「国政選挙に向け、長い目で見て『野党共闘』ということもしっかり考えていきたい」と述べました。
そして、記者団が今後の野党連携のあり方について質問したのに対し、米山氏は「お互い納得のいく共闘関係を水面下で行うのが私の仕事だと考えている」と述べました。