台風15号 関東甲信越で大雨のおそれ 土砂災害など厳重警戒

台風15号の影響で関東甲信越では広い範囲で雨が降り、千葉県などでは局地的に雨雲が発達しています。
24日夜遅くにかけて雷を伴って非常に激しい雨が降って大雨になるおそれがあり、土砂災害に厳重な警戒が必要です。

気象庁の観測によりますと、台風15号は午前3時には静岡県浜松市の南の海上を北東へ進んでいます。
台風の接近に伴って関東甲信では広い範囲で雨が降り、千葉県や茨城県などでは発達した雨雲がかかっています。
午前6時までの1時間には千葉県が匝瑳市に設置した雨量計で53ミリの非常に激しい雨を観測したほか、国土交通省が茨城県神栖市に設置した雨量計で42ミリの激しい雨を観測しました。
これまでの雨で土砂災害の危険性が非常に高まり茨城県では「土砂災害警戒情報」が発表されている地域があります。
台風は24日東海道沖から関東の南東の海上を東寄りに進み、24日夜までには温帯低気圧に変わると予想され、日中から夜にかけては前線が南下する見込みです。
関東甲信越では24日夜遅くにかけて雷を伴って非常に激しい雨が降り、各地で大雨になるおそれがあります。
25日朝までの24時間に降る雨の量はいずれも多いところで関東北部と南部で150ミリ、伊豆諸島で100ミリ、甲信で60ミリと予想されています。
これらの雨はまとまった時間に降るおそれがあります。
気象庁は関東甲信では予想より低気圧や前線の影響が長く続いた場合、25日明け方にかけて警報級の大雨となる可能性があるとしています。
気象庁は土砂災害に厳重に警戒するとともに、低い土地の浸水や川の増水に警戒し、落雷や竜巻などの突風、強風、高波、それに「ひょう」にも注意するよう呼びかけています。
関東甲信では24日夜にかけて局地的に雨が強まり急激に状況が悪化するおそれがあります。
最新の気象情報を確認してください。