アウトドア用品メーカー「スノーピーク」山井梨沙社長が辞任

新潟県三条市にあるアウトドア用品メーカーの「スノーピーク」は、山井梨沙社長が21日付けで辞任し、父親で会長の太氏が社長を兼務すると発表しました。

発表によりますと、山井氏から既婚男性との交際と妊娠を理由に辞任の申し出があったということです。
会社は21日辞表を受理するとともに、臨時の取締役会を開き、父親で会長の山井太氏が社長を兼務することを決めました。
今回の辞任を受け、太氏と高井文寛副社長は役員報酬の一部を自主返納するということです。
山井梨沙氏はおととし社長に就任し、新型コロナウイルスの感染拡大で高まった自然志向も背景に事業を拡大してきました。
会社は「本件を厳粛に受け止め、深く反省するとともに関係者の皆さまに心よりおわび申し上げます」とコメントしています。