新潟県 新型コロナ 3727人感染確認 過去最多に

新潟県 新型コロナ 3727人感染確認 過去最多に

県内では新たに3727人が新型コロナウイルスに感染していることが確認され、1日の発表人数としては過去最多となりました。

18日、感染の確認が発表されたのは、滞在中の人も含めて新潟市が1226人、長岡市が567人、上越市が419人、新発田市が242人、三条市が149人、燕市が121人、佐渡市が114人、阿賀野市が82人、糸魚川市が75人、村上市が72人、魚沼市が71人、見附市が66人、十日町市が63人、南魚沼市が60人、五泉市が59人、小千谷市が55人、柏崎市と妙高市がそれぞれ53人、加茂市が51人、聖籠町が29人、胎内市が25人、関川村が18人、湯沢町が15人、出雲崎町が11人阿賀町が8人、田上町が7人、津南町と刈羽村が6人、弥彦村が4人の合わせて3727人です。
1日の発表人数としては、今月5日の3704人を上回り、過去最多となりました。
県内の感染確認は累計で15万6813人です。
県感染症対策・薬務課の昆伸二課長は記者会見で、お盆に医療機関が休診し、検査を受けられなかった人が集中したことが影響しているという見方を示しました。
そのうえで、今後、夏休みが終わり、学校が再開すると、クラスターが相次ぐおそれもあるとして、「子どもの体調が悪い場合は学校を休ませるよう徹底してほしい」と呼びかけました。
また、医療提供体制を維持するため、症状が比較的軽く、県が示した条件に当てはまる場合は医療機関を受診せず、県が配布している抗原検査キットを申し込んでほしいとしています。