新潟県 新型コロナ 新たに173人感染確認

県内では新たに173人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されました。

22日、感染の確認が発表されたのは新潟市が107人、長岡市が11人、新発田市と上越市がそれぞれ10人、三条市が8人、五泉市が6人、燕市が5人、魚沼市が4人、小千谷市と見附市と妙高市がそれぞれ2人、村上市と阿賀野市と胎内市と聖籠町と柏崎市と佐渡市がそれぞれ1人のあわせて173人です。
県内の感染確認は累計で7万4860人となりました。
県ではこれまで、感染に不安を感じる人や旅行やイベントへの参加などで検査を必要とする人に対して無料の検査を行ってきましたが、感染が収束していないことから期間を延長することを決めました。
これにより感染に不安を感じる人は7月末まで、旅行やイベントなどに参加する人は8月末まで検査を受けることができます。
また、県は、若い世代や働く世代のワクチン接種をうながそうと金曜日の夕方など接種しやすい時間に「ワクチン接種加速化センター」を設置することにしていて、新潟市では「万代メディカルクリニック」長岡市では「エールワクチンセンター」が23日から予約を受け付けます。