ノババックスのワクチン接種 長岡市で始まる 県内で初

アメリカの製薬会社ノババックスが開発した新型コロナウイルスワクチンの接種が、県内で初めて長岡市の医療機関で始まりました。

アメリカの製薬会社ノババックスが開発したワクチンは先月、厚生労働省が18歳以上を対象に、使用を正式に承認したもので、国内で4種類目です。
ファイザーやモデルナとは異なる仕組みのため、厚生労働省はこれまでのワクチンでアレルギー反応が出た人なども接種できると想定しています。
26日県内で初めて長岡市のクリニックでこのワクチンの接種が始まり、予約していた9人が問診を受けた後、順番に接種を受けていました。
このワクチンを接種できるのは18歳以上ですでに接種券が届いている人が対象で、接種を受けた長岡市の30代の男性は「信頼性が高いと思い、ノババックスのワクチンを選んで受けました。早い段階で打つことができてよかったです」と話していました。
接種を行った「エールホームクリニック」の田村真麻医師は「このワクチンは昔からの製法で作られているのでこれまで接種に抵抗があった人にも受け入れられやすいのではないか」と話していました。
このクリニックでは7月までに合わせて1000人分のノババックスのワクチン接種を行う予定だということです。