45年前に行方不明 拉致可能性の男性が国内で見つかる

45年前に行方不明になり、北朝鮮に拉致された可能性が排除できないとして警察が捜査していた新潟市に住んでいた当時26歳の男性がことし3月、国内で見つかり、警察が拉致の可能性がないことを確認したと発表しました。

警察によりますと、見つかったのは、当時、新潟市に住んでいた星野茂敏さん(71)です。
星野さんは26歳だった45年前、昭和52年3月、一緒に働いていた国鉄の同僚に「佐渡の実家に帰る」と言い残し、新潟市内の寮を出たまま行方が分からなくなっていました。
警察は、北朝鮮に拉致された可能性が排除できないとして捜査していました。
こうした中、ことし3月、星野さんとみられる男性が国内で発見され、本人から事情を聴くなど確認作業を進めた結果、警察は12日、北朝鮮による拉致の可能性はないことを確認したと発表しました。
警察によりますと、星野さんは自分が行方不明者だとは認識していなかったと話しているということです。
一方、警察は、これまで星野さんがどこで何をしていたのかなど詳しい経緯や事情については、プライバシーに関わるため公表できないとしています。
これで、新潟県警が「拉致の可能性が排除できない」として捜査している人は44人となりました。