新発田市の一部に避難勧告

土砂災害の危険性が高まっているとして新発田市は午前12時37分までに、本間新田、板山、田貝、長峰、下新保、滝、麓、東宮内、緑町2丁目、東新町2丁目、3丁目、4丁目、新富町、中田町、小舟町2丁目、合わせて2806世帯7838人に避難勧告を出しました。

国道290号線は、新発田市滝付近と胎内市大長谷付近で、土砂が流れ込んだ影響で、午前11時半頃から上下線とも通行止めになっています。