魚沼など38度超 観測史上最高

県内は13日も各地で猛暑日となり、魚沼市と佐渡市羽茂では最高気温が38度を超え観測史上最高を記録しました。
14日はさらに気温が上がるところが多い見込みで、気象台は熱中症に十分注意するよう呼びかけています。

13日の県内は厳しい暑さとなり、日中の最高気温は魚沼市で38度6分、佐渡市羽茂で38度2分とともに観測史上最高を記録したほか、阿賀町津川で37度5分、村上市で37度3分などと各地で最高気温が35度以上の猛暑日となり、県内29の観測地点のうち15の地点でことしの最高気温を観測しました。
気象台によりますと、14日は南東よりの風が入り込み、気温がさらに上がるところが多い見込みです。
14日日中の最高気温は、長岡市と上越市で37度、新潟市で36度などと予想されています。
気象台は、水分をこまめに補給するとともに屋外では日ざしを避け、室内ではカーテンで日ざしを遮り、冷房を適切に利用するなどして熱中症に十分注意するよう呼びかけています。
NHKが県内の消防に取材したところ、この暑さで20代から90代までの男女合わせて16人が熱中症とみられる症状を訴えて病院に搬送されました。
このうち、村上市の90代の男性は自宅で動けなくなっていたところ家族が発見して病院へ搬送されたということですが、命に別状はないということです。