高級時計偽物販売か 男を逮捕

有名高級ブランドの腕時計の偽物を販売したなどとして、千葉県に住む36歳の男が商標法違反の疑いで警察に逮捕されました。
警察は余罪を調べています。

逮捕されたのは、千葉県成田市の会社社長、中原渉輝容疑者(36)です。
警察によりますと、中原社長は去年5月東京都の50代の男性に対し、インターネットオークションで高級ブランド「ロレックス」の腕時計と偽って類似した腕時計を13万6000円で販売したほか、「ロレックス」に類似した別の腕時計を販売目的で所持していたとして、商標法違反の疑いが持たれています。
販売した腕時計は、ロレックスの中でも「デイトナ」と呼ばれる人気モデルと類似し、本物の中古品の相場は高いものでおよそ1000万円に上るということです。
去年5月、中原社長から時計を買ったという柏崎市の男性からの相談を受けて警察で捜査を進めていたもので、警察は中原社長の自宅などからロレックスの偽物の腕時計や時計の部品など81点を押収しました。
警察の調べに対して中原社長は、「生活費などに使った」などと容疑を認めているということで、警察は偽物の腕時計の入手先も含めて余罪を調べています。