佐藤純県議が交通事故 女性重傷

12日の早朝、自民党の佐藤純県議会議員が乗用車を運転していたところ、横断歩道を渡っていた76歳の女性をはね、女性は腕などを骨折する大けがをしました。
警察はこの事故について発表していませんでした。

12日の午前5時半ごろ、現在4期目で新潟市江南区選出の自民党の佐藤純県議会議員(48)が乗用車を運転し、江南区曙町の交差点を右折しようとしたところ、横断歩道を歩いていた76歳の女性をはねました。
佐藤議員はすぐに救急車を呼んで女性は病院に運ばれ、女性は腕などを骨折する大けがをしましたが、命に別状はないということです。
この事故について警察は発表していませんでした。
これについて県警察本部交通指導課の加藤保栄次長はNHKの取材に対し「逮捕した訳ではなく、警察として発表する事案ではない」と述べました。
事故を起こしたことについて佐藤純議員は、NHKの取材に対し「不注意による事故でけがをされた被害者の方に大変申し訳なく思っています。被害者の方とそのご家族には誠心誠意、対応させて頂きたいと思っております」と述べました。