リニア中央新幹線 名古屋〜大阪に向け環境アセスメント着手

JR東海の丹羽俊介 社長は、7日、大阪市内で開かれた記者会見で、「リニア中央新幹線」の名古屋から西側の開業に向けて地質調査などの「環境アセスメント」に着手したことを明らかにしました。
調査結果をもとに会社では、今後、ルートや駅の設置場所の絞り込みを進めていくことにしています。

リニア中央新幹線をめぐってJR東海は、現在、品川・名古屋間の開業を目指して工事を進める一方、名古屋から西側のルートについては地元自治体との意見交換や文献調査を行うにとどまっていました。
こうした中、JR東海の丹羽社長は、7日、大阪市内で開いた記者会見で、今週に入り、奈良県と三重県で地質の調査などを行う「環境アセスメント」に着手したことを明らかにしました。
こうした調査は、具体的なルートや駅の設置場所を絞り込むために必要な調査で、名古屋・大阪間の着工に向けて具体的な段階に入ったことになります。
リニア中央新幹線の品川・大阪間が開業すれば、最短で1時間7分で結ぶことになります。
記者会見で、丹羽社長は「リニア中央新幹線は名古屋から西のほうからも大変、期待してもらっている。全線開業に向けて取り組んでいきたい」と述べました。
リニア中央新幹線の名古屋・大阪間について、JR東海は早ければ2037年の開業を目指してきましたが、丹羽社長は、静岡県内での工事に着手できていない影響で当初の予定どおり開業するのは難しいという認識を示しました。

【奈良県の新駅候補は】
「リニア中央新幹線」について、奈良県は、県内に設置される新駅の候補地として3か所を挙げ、国に伝えています。
具体的には、▼JR大和路線の平城山駅の周辺など、奈良市内の2か所と、▼大和郡山市内で、JR大和路線と近鉄橿原線が交差する地点周辺の1か所です。
この3か所について、在来線や自動車道が近くにあることから、リニアが開通した際の利便性が高まることなどを理由に挙げています。
JR東海では、この3か所の地質調査などを通して、具体的な新駅の場所を絞っていくほか、あわせてルートを検討するための調査も進めることにしています。

【知事“調査に協力する”】
JR東海が、奈良県内で「リニア中央新幹線」の開業に向けて地質調査などの「環境アセスメント」を開始したことについて、奈良県の山下知事は「今後は速やかに「奈良市附近駅」の場所を決めていただき、県としても調査に協力するなどできることはしてきたい。リニアが開通すれば、東京までおよそ1時間で結ばれるので、国内外から多くの人が訪れ奈良県の起爆剤になることは間違いない」と述べました。