奈良県に一時「線状降水帯発生」 野迫川村付近で猛烈な雨

21日夜、奈良県と和歌山県に「線状降水帯」が発生して、奈良県では、南部を中心に大雨となり、野迫川村付近では、レーダーによる解析で1時間におよそ100ミリの猛烈な雨が降ったとみられ、「記録的短時間大雨情報」も出されました。

奈良地方気象台によりますと、21日夜は、日本海にある低気圧からのびる前線に向かって、暖かく湿った空気が流れ込み、県内では、大気の状態が非常に不安定になりました。
紀伊半島付近には発達した雨雲がかかり、気象庁は、21日午後10時に、奈良県と和歌山県に「線状降水帯」が発生し、非常に激しい雨が同じ場所に降り続いているとして、「顕著な大雨に関する情報」を発表しました。
気象庁のレーダーによる解析では、午後10時までの1時間に、野迫川村付近で、およそ100ミリの猛烈な雨が降ったとみられ、気象庁は、「記録的短時間大雨情報」も発表しました。
この雨で、五條市、天川村、野迫川村、それに十津川村では、一時、「土砂災害警戒情報」が出されましたが、22日午前2時前にすべて解除されました。
県のまとめによりますと、この雨で、斑鳩町の住宅2棟が床下が水につかる被害があったほか、県南部では、道路の通行止めが相次ぎましたが、けが人などは、今のところ確認されていないということです。