奈良 国内最大の円墳から盾の形の鏡と長大な剣出土

奈良市にある国内最大の円形の古墳で、盾のような形で裏面に精緻な文様がある大型の鏡が初めて見つかりました。
波打つような形をした長大な剣も合わせて出土し、専門家は当時の技術力の高さや古墳の埋葬のあり方を考えるうえで貴重な資料になると注目しています。

鏡や剣が見つかったのは、4世紀後半に造られ、丸い形の「円墳」としては国内最大の奈良市の富雄丸山古墳です。
古墳には埋葬施設が2つ確認されていて、奈良市教育委員会が去年10月から古墳の端に突き出た部分の埋葬施設を発掘したところ、ひつぎを覆っていた粘土の中から青銅の鏡と鉄の剣が見つかりました。
このうち、鏡は長さが60センチ余り、幅が30センチほどで、上部が丸みを帯びた盾のような形をしています。
表面は光を反射するように磨かれていて、裏の面には円形に配置した神や獣の像やのこぎりの歯のような線などの精緻な文様があしらわれていました。
また、中央部にひもを通すような突起もついていました。
盾のような形をした鏡が見つかったのは、今回が初めてということです。
また、古墳の同じ場所からは、波打つような形の「蛇行剣」と呼ばれる鉄の剣も出土しました。
剣の長さは2メートル30センチ余りで、国内で見つかるこのタイプの剣の中で最も古く、東アジアで見つかっている同じ時代の剣で最長になるということです。
今回の発見について、古墳時代に詳しい大阪大学の福永伸哉 教授は、「特に鏡は当時の最高技術を持った工房で作られたと考えられ、古墳時代前半期の金属工芸の中で最高傑作といえる。盾の防御性と鏡の神秘性を合体させた神聖なものと解釈することができ、邪悪なものを寄せつけない力がある剣とともに、それぞれの力を最大限発揮するよう、なきがらの副葬品として埋められたのではないか」と話しています。

【富雄丸山古墳とは】
今回調査が行われた富雄丸山古墳は、奈良市の西部にある大型の円墳、丸い形をした古墳で古墳時代前期の4世紀後半に造られたとされています。
平成29年に奈良市がレーザーによる詳細な測量を行った結果、直径が110メートル前後で国内最大の円墳とわかりました。
古墳は3段構造で表面は石に覆われ、盛り土を取り囲むように埴輪が置かれていたと考えられています。
埋葬施設は古墳の頂上にあるほか、北東の端にあり方形に突き出た「造り出し」と呼ばれる部分にも設けられていました。
今回の鏡と剣は、この「造り出し」に納めた木製のひつぎを覆う粘土の中から発見されました。

【「盾形銅鏡」とは】
今回見つかった鏡は、これまでで例のない盾のような形をしていますが、なぜ盾ではなく鏡とされたのでしょうか。
調査を行った奈良市教育委員会や橿原考古学研究所によりますと、鏡の表側の面について、顕微鏡で細かく確認したところ、光が反射できるように磨かれていたうえ、縁から中央に向かって緩やかに膨らんでいる、凸面鏡の状態になっていたということです。
また、裏の面は中央部にひもなどを通す※「紐(ちゅう)」と呼ばれる突起がついているほか、同じ時代の鏡に特徴的な神や獣などの文様が円を描くようにあしらわれていました。
さらに板の成分は、銅にスズや鉛を混ぜた青銅だったということです。
こうした特徴は、古墳から出土する同じ時代の鏡にも見られることから、盾のような形の板は鏡として作られたと判断したということです。
専門家によりますと、古墳から見つかる盾や鏡は「なきがら」を邪悪なものから守る意味を込めて埋めていたと考えられ、盾と鏡の2つの要素をそろえたことで、より強い効果を期待したと考えることもできるということです。
古墳に詳しい兵庫県立考古学博物館の和田晴吾 館長は「当時の埋葬の在り方の非常に象徴的な形といえる。初めてのかたちなので驚いたが、出るべくして出たものだと思う」と話しています。
(※「紐(ちゅう)」は金へん)

【「蛇行剣」とは】
今回見つかった「蛇行剣」は、波打つような形が特徴の鉄の剣で、国内ではこれまでに80例余り見つかっていますが、このタイプの中で最も古く、その長さでは東アジアで見つかっている同じ時代の剣の中で最も長いものになるということです。
古墳時代の武器に詳しい奈良大学の豊島直博 教授は「あれだけ長い剣を作ろうとすると、相当大きな炉や人と道具をそろえないといけない。素材もたくさんの鉄が必要になるので、高度な技術と製作体制が必要になる。当時の鍛冶技術の最高傑作といえる」と話しています。
そのうえで豊島教授は、剣の長さや刃の部分が波打っている特殊なデザインから儀礼的な要素が強いのではと考えています。
豊島教授は「剣の形をしているので、武器とも考えられるが、実際に戦争に使うものとは考えにくい。祭りの道具とも考えられ、古墳に埋葬された剣の所有者は軍事と祭祀(さいし)の双方の役割を担った人物だったのではないか」と話しています。

【古墳の被葬者は】
盾のような形の鏡と長大な剣とともに古墳に葬られたのはいったいどんな人物だったのでしょうか。
古墳時代に詳しい大阪大学の福永伸哉 教授は、今回調査が行われた富雄丸山古墳の「あるじ」はヤマト王権を支えた有力な豪族で、鏡や剣とともに埋葬されたのは、その主に仕えた腹心のような人物だったのではないかとみています。
今回、調査が行われた富雄丸山古墳は4世紀後半に造られたとされ、この時代は当初、奈良盆地の東南部にあったヤマト王権の王墓が古墳がある盆地の北部に移動してきたと考えられることから、福永教授は、この古墳の「あるじ」はヤマト王権の中枢にいて、王権を支える主要閣僚のような人物だったのではないかとみています。
ただ、今回の鏡と剣は、古墳の頂上部にある埋葬施設ではなく、盛り土のすそにある「造り出し」と呼ばれる突き出た部分で見つかったことから、福永教授は造り出しに葬られたのは、古墳のあるじを支えた腹心のような人物で、今回の鏡と剣はあるじから分け与えられたものではないかとみています。
一方、古墳時代の武器や武具に詳しい奈良大学の豊島直博 教授は、今回見つかった長大な剣と盾形の鏡のそれぞれにいくさの道具と祭りの道具の両方の役割があるとしたうえで、古墳に葬られたのは、軍事と祭祀の双方をつかさどった人物ではないかとみています。

【遺物の今後と現場公開】
今回見つかった鏡と剣については、このあと、土やサビを落とすクリーニングや、保存のための処置を行うことになっていますが、いつ公開できるかは、まだわからないということです。
ただし、古墳の発掘現場については今月28日と29日に一般に公開されます。

【4世紀は「独自性の時代」】
富雄丸山古墳が造られた4世紀は、どんな時代だったのでしょうか。
古墳が造られた4世紀は、邪馬台国の時代のあとヤマト王権が発展していく重要な時期とされますが、王権の実態を知る手がかりとなる中国の歴史書に日本に関する記述がなく、「謎の4世紀」「空白の4世紀」とも言われています。
その一方、古墳などから当時の時代状況をうかがわせるさまざまな資料が見つかっています。
古墳時代に詳しい大阪大学の福永伸哉 教授は、この時代の日本列島は「独自性を発展させた時期だったのではないか」と指摘しています。
福永教授は「4世紀は中国の王朝とヤマト王権の直接の交渉がなくなった時期で、中国のさまざまな情報や文物が直接入ってこなくなった」としたうえで、日本列島で独自の国造りが進んでいった時代ではないかと考えています。
今回の鏡や剣は国内で作られたとみられることから、福永教授は「鏡や剣はヤマト王権の独自のデザインやアイデアなどが反映されていて、当時の技術力のすばらしさを感じさせる」と話しています。