奈良県コンベンションセンター天平広場で秋のライトアップ開始

奈良市にある県コンベンションセンターの多目的広場で5日から、紅葉(もみじ)など秋をイメージしたライトアップが始まりました。

近くに平城宮跡などがある県コンベンションセンターでは入り口前の多目的広場、「天平広場」で季節に合わせたライトアップを行っています。
5日からは秋をイメージしたライトアップが始まり縦25メートル、横80メートルの広場の屋根には色づいた紅葉が映し出され、壁は、緑や赤のライトで照らされ、色づく山々を表現しています。
また、県のマスコットキャラクター「せんとくん」のパネルや鹿のモニュメントと写真が撮れる撮影スポットも設置されました。
天平広場のライトアップは午後4時から午後10時までで、来月(11月)13日まで毎日行われます。
また、8日からの三連休には、日中、広場で、奈良県の食材を使ったキッチンカーが集まったり菊人形の展示をしたりするイベントが予定されています。