新型コロナ 奈良県で新たに313人の感染確認 1人死亡

奈良県の4日の新型コロナウイルスの新規感染者数は313人で、1人の死亡が発表されました。

4日、県内で新たに確認された新型コロナウイルスの感染者数は313人でした。
新型コロナウイルスの全数把握を簡略化する運用に伴って、県と奈良市は9月27日から公表方法を変更し、1週間がたちました。
4日と前の週の同じ曜日を比べると、113人少なくなっています。
年代別では、10代が60人と最も多く、次いで40代が44人、50代が43人などとなっています。
一方、1人の死亡が発表されました。
また、県内の高齢者施設6か所でクラスターが発生したと認定されましたが、いずれもすでに終息しているということです。
これまでに県内で感染した人は22万8355人、入院している人は3日から5人減って98人、このうち重症の人は3日と変わらず1人です。
これまでに亡くなった人は532人です。
医療機関の状況です。
病床の使用率は23%、重症者用の病床の使用率は4%、無症状や軽症の患者を受け入れる宿泊療養施設の使用率は4%となっています。