新型コロナ 奈良県で新たに302人の感染確認 2人が死亡

奈良県の30日の新型コロナウイルスの新規感染者数は302人で、2人が亡くなりました。

9月30日、県内で新たに確認された新型コロナウイルスの感染者数は302人でした。
年代別では10代が55人ともっとも多く、次いで40代が45人、20代が41人などとなっています。
一方、30日は2人の死亡が発表されました。
また、クラスター発生の発表はありませんでした。
これまでに県内で感染した人は22万7269人、入院している人は29日より1人減って112人、このうち重症の人は29日より1人減って2人です。
これまでに亡くなった人は528人です。
また病床の使用率は27%、重症者用の病床の使用率は7%、無症状や軽症の患者を受け入れる宿泊療養施設の使用率は4%となっています。