台風14号 奈良県に19日夜遅く最接近か 土砂災害など警戒

台風14号は、今夜(19日夜)遅くに奈良県に最も近づく見込みです。
このあと、雨や風が強まる見込みで、気象台は土砂災害や低い土地の浸水、川の増水や氾濫に警戒するよう呼びかけています。

奈良地方気象台によりますと大型の台風14号は、山口県を北東へ進んでいて、奈良県では今夜遅くに最も近づく見込みです。
台風の接近に伴い県内では、きょう(19日)夕方からあす(20日)未明にかけて、局地的に雷を伴い、いずれも多い所で1時間に▼南部で60ミリ、▼北部で50ミリの非常に激しい雨が降る見込みです。
また、あす正午までの24時間に、いずれも多いところで、▼南部で250ミリ、▼北部で150ミリの雨が降ると予想されています。
線状降水帯が発生した場合には、局地的にさらに雨量が増えるおそれがあります。
また、今夜遅くからあす未明にかけて強い風が吹く見込みで、予想される最大風速は▼北部・南部ともに18メートル、最大瞬間風速は▼北部・南部ともに30メートルとなっています。
気象台は、土砂災害や低い土地の浸水、川の増水や はんらんへの警戒を呼びかけるとともに、強風にも十分注意するよう呼びかけています。