生駒市の集団接種会場で高齢女性に誤って5回目のワクチン接種

生駒市の新型コロナウイルスワクチンの集団接種会場で、90代の女性に誤って5回目のワクチン接種をしたことがわかりました。
今のところ健康への影響はみられないということです。

生駒市によりますと、市内に住む90代の女性が先月16日にかかりつけ医で4回目の接種を受けたにもかかわらず、その9日後の25日に市内の集団接種会場を訪れ、ワクチンの接種を受けたということです。
市は、4回目の接種券が使用されていないか確認しようとしましたが、女性が「接種券を紛失した」と話し、きちんと予約もされていたため、接種したということです。
生駒市の予約システムでは、かかりつけ医などで4回目の接種をした人は集団接種の予約ができないようになっていますが、今回は4回目と5回目の接種の間が短かったため、4回目の接種がまだシステムに反映されておらず、5回目の予約できてしまったということです。
市によりますと、これまでのところ、女性の健康状態に問題はみられないということです。
生駒市は、今後、接種券を持参していない高齢者については、必要に応じて、ほかの情報で4回目の接種状況を確認した上で、接種の可否を判断したいとしています。