奈良県 18日にかけ大気の状態が不安定 突風や落雷に注意

低気圧からのびる前線がゆっくりと南下する影響で、県内は18日にかけて大気の状態が非常に不安定になり、局地的に雷雲が発達する見込みです。
気象台は竜巻などの激しい突風や落雷、急な強い雨に注意するよう呼びかけています。

北日本には前線を伴った低気圧があって、東北東へ進んでいます。
この低気圧からのびる前線は日本海をゆっくりと南下し、18日ごろは西日本を南下する見込みです。
この前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込む影響で、県内は17日にかけて大気の状態が非常に不安定となり、局地的に雷雲が発達する見込みです。
この状態は18日ごろも続く恐れがあり、気象台は、竜巻などの激しい突風や落雷、急な強い雨に注意するよう呼びかけています。
発達した積乱雲が近づく兆しがある場合には、建物の中に移動するなど、安全確保に努めてください。