近鉄 橿原の新駅整備めぐり 八木西口駅の存続前提で協議へ

近鉄=近畿日本鉄道は、橿原市の新駅整備めぐり、八木西口駅を廃止せず新駅と両立させる前提で協議を進めていくことになりました。

近鉄は、県立医科大学がキャンパスの移転整備を進めていることを踏まえ、県、橿原市との3者で、新キャンパスの近くに新たな駅を整備することを検討し協議を進めてきました。
これまでの協議では、県や橿原市が地元住民の意向も踏まえ、現在ある八木西口駅も存続したうえで新たな駅を整備するよう求めてきたのに対し、近鉄側は「新駅を整備するなら現在の八木西口駅は廃止する」という立場で、協議が難航していました。
しかし、近鉄側は19日、今後の経営方針などについて県に対して文書で回答を寄せ、そのなかで、新駅設置については八木西口駅の廃止を条件とせず、費用負担や運営方法などについて協議を進める方針を明らかにしました。
近鉄側は、取材に対し、「これまでの協議を踏まえ、八木西口駅の存続を前提として協議を進めるという判断に至った」としています。
これについて、奈良県の荒井知事は、「方針変更は驚くべき変化で、望ましい」としています。