奈良県 各地で猛暑日 2日 「熱中症警戒アラート」発表

1日の奈良県は、高気圧に覆われて気温が上がり、各地で厳しい暑さとなりました。
2日は、熱中症の危険性が極めて高い気象状況になることが予測されることから、気象台は、熱中症に警戒するよう呼びかけています。

気象台によりますと、1日の県内は高気圧に覆われておおむね晴れ、午前中から気温が上がりました。
日中の最高気温は、▼奈良市で37.6度、▼五條市で37.4度、▼十津川村で36度、▼上北山村で35.8度、▼奈良市針と宇陀市で35.3度と、県内に6つある観測地点すべてで35度以上の猛暑日となりました。
奈良県は、2日も引き続き高気圧に覆われておおむね晴れる見込みで、2日の日中の最高気温は、▼奈良市で35度、▼十津川村風屋で33度と予想されています。
2日は、熱中症の危険性が極めて高い気象状況になることが予測されていることから、気象台と環境省は、熱中症警戒アラートを発表し、2日は外出はなるべく避け、室内をエアコンなどで涼しい環境にして過ごすなど、熱中症に警戒するよう呼びかけています。