橿原 百貨店屋上からブロックなど投げ落とした疑い男性不起訴

去年12月、橿原市の百貨店の屋上からコンクリート製のブロックなどを投げ落としたとして逮捕された36歳の男性について、奈良地方検察庁は30日、不起訴にしました。

不起訴になったのは、大阪・八尾市に住む36歳の男性です。
男性は去年12月、橿原市内の百貨店の屋上からコンクリート製のブロックとレンガをひとつずつ投げ落としたとして、殺人未遂の疑いで逮捕されました。
検察は、刑事責任を問えるかどうか判断するため、精神鑑定を行うなど詳しく調べていましたが、30日、不起訴にしました。
不起訴の理由について、奈良地方検察庁は「公判維持に足りる事実関係にない」としています。