リニア中央新幹線 駅など決定へ 首相が奈良知事らに協力要請

リニア中央新幹線をめぐり、岸田総理大臣は、奈良県の荒井知事らと懇談し、全線での開業に向けて来年から名古屋・大阪間の環境影響評価に着手できるよう地元知事として駅やルートの決定に向けてリーダーシップを発揮するよう協力を求めました。

懇談は、三重県津市で行われ、岸田総理大臣と三重県の一見知事、それに奈良県の荒井知事が出席しました。
政府は、ことしの「骨太の方針」で、リニア中央新幹線について「来年から名古屋・大阪間の環境影響評価に着手できるよう必要な指導、支援を行う」としていて、岸田総理大臣は懇談の冒頭、「両知事には来年から環境影響評価に着手できるよう、駅とルートの決定に向けて強いリーダーシップを発揮してもらえればと期待している」と述べました。
これについて、荒井知事は懇談後の記者会見で、「沿線地域の知事に『頑張りなさい』と言っていただいたのは、ひとつの大きなことで、微力だが頑張りたい」と述べ、駅やルートの決定に向けて力を尽くしたいという考えを示しました。