奈良 カラスの死骸から鳥インフル陽性反応 野鳥の監視を強化

奈良市内で野生のカラスが死んでいるのが見つかり、県が簡易検査した結果、鳥インフルエンザの陽性反応が出ました。
県は、周辺10キロを対象に野鳥の監視を強化するとともに、県内の養鶏場などに警戒を呼びかけています。

奈良県によりますと、16日から17日にかけて、奈良市内であわせて7羽の野生のカラスが死んでいるのが見つかりました。
そのうち2羽について、県が17日、簡易検査を行ったところ、1羽からA型の鳥インフルエンザの陽性反応が出たということです。
今後は、環境省が鳥取大学で詳しい検査を行い、高病原性のウイルスかどうか調べることになっていて、結果が判明するまで1週間ほどかかる見込みだということです。
これを受けて、発見場所から半径10キロの範囲が環境省の「野鳥監視重点区域」に指定されました。
県はこの区域で巡回を行い、野鳥の監視を強化するとともに、県内の養鶏場など89か所に対し、出入り口の消毒の徹底など警戒を呼びかけています。
県によりますと、野鳥から鳥インフルエンザの陽性反応が出るのは、おととし12月以来だということです。