桜井 大神神社で「播種祭」 農作業の安全と豊作を祈る

田んぼにもみ種をまき、ことし1年の農作業の安全と豊作を祈る「播種祭(はしゅさい)」が奈良県桜井市の大神神社で行われました。

桜井市の大神神社では、境内にある「神饌田(しんせんでん)」と呼ばれる田んぼで、毎年、神前に供える米を作っています。
「播種祭」は米を育て始める際に行われる行事で、12日はまず、神職が田んぼの脇で祝詞をあげ、ことし1年の農作業の安全と豊作を祈願しました。
続いて、田んぼがおはらいなどで清められたあと、「豊年講」と呼ばれる氏子の農家の人たちがくわを入れる所作やもみ種をまく儀式を行いました。
ご神体の三輪山から流れ出る水を田んぼに引き入れる「水口」という場所には水が枯れないように祈りが込められた竹の串が立てられ、参加した人たちは、ことし1年の豊作を祈っていました。
豊年講の1人で儀式でもみ種をまく役を務めた吉岡秀義さんは「ことしも豊作になってほしいです。秋に楽しく収穫できることを願っています」と話していました。
12日まかれたもみ種から育った苗は、来月25日の「御田植祭(おたうえさい)」で田んぼに植えられます。