アニメライター無断販売か男逮捕

人気アニメ「ドラゴンボール」のキャラクターが刻印されたオイルライターをフリマアプリを使って無断で販売したとして、大阪府の男が著作権法違反の疑いで28日逮捕されました。

逮捕されたのは、大阪・西淀川区の無職、田村浩容疑者(32)です。
警察によりますと、田村容疑者は、去年12月、「ドラゴンボール」のキャラクターをオイルライターに刻印し、制作会社の許可を得ずにフリマアプリを通じて、奈良県の20代の男性に販売したとして著作権法違反の疑いが持たれています。
田村容疑者は、フリマアプリを通じて客の希望を聞き取り、パソコンで読み取ったキャラクターの画像を専用の装置で刻印しておよそ9000円で販売していました。
調べに対し容疑を認め、「生計を立てるためにやった」などと話しているということです。
フリマアプリの記録などから、田村容疑者は、この5年間で2000回から3000回にわたってライターを販売していたとみられ、警察は余罪についても調べることにしています。