三重 桑名 遊園地の空中ブランコ 高さ40mで一時停止

4日午後、三重県桑名市の遊園地「ナガシマスパーランド」にある回転式の空中ブランコが高さ40メートルほどのところで乗客を乗せたまま一時停止しました。
乗客にけがや体調不良を訴えた人はいなかったということです。

4日午後0時半すぎ、桑名市長島町の遊園地「ナガシマスパーランド」にある回転式の空中ブランコ「スターフライヤー」が、高さ40メートルほどのところで停止しました。
遊園地の運営会社によりますと、安全を確保するためのセンサーが反応したため、自動で停止したということです。
ブランコはおよそ2分間に渡って停止し、一時、乗客18人が取り残されましたが、職員が手動のボタンを押して地上に下ろしたということです。
乗客にけがや体調不良を訴える人はいませんでした。
運営会社ではブランコの運行を一時的に取りやめ、センサーのチェックをするなどして原因を調べています。