“女子高生を盗撮”逮捕の県立高校教諭を懲戒免職処分

去年11月、長崎市内を走行中の路面電車で女子高校生のスカートの中をスマートフォンで撮影したとして逮捕された、県立高校の30歳の教諭について、長崎県教育委員会は14日付けで懲戒免職の処分としました。

懲戒免職の処分となったのは、県立長崎南高校に勤める30歳の男性教諭です。

男性教諭は、去年11月、長崎市内を走行中の路面電車の車内で女子高校生のスカートの中をスマートフォンで撮影したとしてことし1月に逮捕され、その後、罰金50万円の略式命令を受けました。

この教諭について、長崎県教育委員会は、教育に対する信頼を著しく失墜させたなどとして、14日付けで懲戒免職の処分としました。

県教育委員会によりますと、教諭は、「被害者をはじめ多くの方にご迷惑をおかけし誠に申し訳ありません」と話しているということです。

長崎県教育庁高校教育課の田川耕太郎課長は、「関係者が総力を挙げて不祥事の根絶にとりくむなかこうした事案が発生し残念でならない。被害を受けた方や保護者、県民の皆さまに心よりおわびを申し上げる。服務規律のなお一層の徹底を図ることで県民の信頼回復に努めていきたい」と話していました。