しまばら火張山花公園 桜が見頃 菜の花の黄色とコントラスト

島原市の公園で桜が見頃となり、園内に咲く色鮮やかな菜の花とのコントラストが訪れた人たちを楽しませています。

島原市の「しまばら火張山花公園」では今、200本のソメイヨシノが見頃を迎えています。

また、園内にはおよそ1000万本の菜の花も植えられていて、こちらも咲き始めています。

桜のピンク、そして菜の花の黄色が鮮やかなコントラストを見せていて、訪れた人たちは景色を楽しんだり、写真に収めたりしていました。

福岡県から夫婦で訪れた60代の男性は「桜を目当てに鹿児島、熊本など九州を回ってきましたが、ここの咲き具合が最高です」と話していました。

公園を維持管理する団体の松本良一理事長は「ここ数日の暖かさで桜が一気に咲いて、今、菜の花とともに見頃です。4月の中旬までは楽しめますので、ピクニック気分で楽しんでほしい」と話していました。

この時期、「しまばら火張山花公園」では、維持管理のための入園料、大人300円が必要となっています。