長崎県 新型コロナ 新たに312人感染確認

長崎県は、県内で合わせて312人が新型コロナウイルスに感染していることが新たに確認されたと、5日、発表しました。

5日、県内で発表された新規感染者は312人で、先週の水曜日より70人減りました。

年代別では、10歳未満が52人、10代が57人、20代が31人、30代が36人、40代が44人、50代が39人、60代が23人、70代が16人、80代が8人、90歳以上が6人となっています。

長崎県は、県内全域に県独自の「警戒警報」を発令し、医療のひっ迫を防ぐため、マスクの着用など基本的な感染防止対策の徹底や、高齢者など重症化リスクの高い人と接する際には、特に感染対策に注意するよう呼びかけています。